文字サイズ

北斗晶、乳がん告知以来の苦悶明かす

元女子プロレスラーでタレントのの北斗晶
1枚拡大

 元女子プロレスラーの北斗晶(48)が乳がんで入院していることを23日、公式ブログで明らかにした。24日朝に右乳房の全摘出手術を受ける。そして北斗は、初夏に告知を受けて以来の苦悶をブログにつづった。

 北斗は「年頭のまだ寒い時期」に右胸に痛みを感じた。しかし、毎年検査を受けている安心感から放置していたところ、春にサイパン旅行に行った際、鏡に映った乳頭が引きつっているように見えた。

 そこでもまだ手で触ってシコリも感じないことから、年齢によるたるみと思っていた。

 しかし夏に差し掛かったころ、今度は「右胸にチリチリするような痛みを感じて医師に相談、細胞検査を受けた結果、7月7日に病院へ呼ばれて告げられた検査結果が「癌の陽性反応が出た」というものだった。

 北斗は駐車場で待っていた夫の佐々木健介に「パパ、乳癌になっちゃったみたい」と知らせたが、その後の会話はよく覚えていないという。

 その後、専門病院で血液検査、CTスキャン、MRI、レントゲン、エコーとあらゆる検査を受けた結果、結論はやはり「乳がん」だった。そして医師から、右胸の全摘手術を勧告された。

 北斗は何とか全摘を避けようと話してみたが、医師の「胸の事より今は5年先、10年先、生きることを考えてみましょう」という言葉に触れて初めて「今の自分は命さえも危険な状態なんだ」ということが分かった。

 いま、北斗は「愛する子供達の白髪の生えた顔が見たい。パパと2人で、年を取っていつまでも手をつないで歩きたい」と考えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス