文字サイズ

WRESTLE-1版『G1』開催へ

ベルトを取り戻したKAI=後楽園ホール
鈴木秀樹(下)にフライングボディープレスを決めるKAI=後楽園ホール
KAI(上)を攻めるも惜敗した鈴木秀樹=後楽園ホール
3枚3枚

 「WRESTLE-1」(12日、後楽園)

 KAIが鈴木秀樹を下し、WRESTLE-1王座に返り咲いた。ベルトを流出させた張本人が奪回に成功したものの、ブーイングが渦巻いた。KAIのマイクもことごとく裏目。女性ファンから厳しい言葉を浴びせられ、会場中に“伝染”した。

 「やっとベルトをWRESTLE-1に取り返すことができました」

 「ちゃんと守ってよ!」

 「きょうからスタートで防衛回数を重ねます。何回負けても食らいつく」

 「負けないで!」

 「次の防衛戦は必ず…」

 「絶対だよ!」

 「負けちゃったらすいません」

 「ブ~」

 「勝負は分からないでしょう」

 「ブ~」

 「ちょっとおかしいですよ、皆さん。最後に勝てばいいんですよ」

 「ブ~」

 ここで挑戦をアピールしに近藤修司が登場し、征矢学が続いた。さらに、黒潮“イケメン”二郎が姿を見せると、大歓声で迎えられた。イケメンは「このリングでエースになることを決めました。エースになって、船木(誠勝、6月末で退団)さんとのタッグの続きをやりたい」と誓うと、「エース」コールが起こった。KAIが「3人だけ?」と確認すると、大量に選手がなだれ込んだ。気付けば、この日の出場選手21人が新王者を標的にしていた。

 代表して?河野真幸がKAIに対し「この状況がどういうことか分かるか?先輩も後輩も全員、てめえがチャンピオンというのを認めてねえんだ」と放った一言を合図に激しいもみ合いとなった。すると、混乱収拾のため、武藤敬司社長が現れ「誰が一番強いか、トーナメントで決めよう!」と鶴の一声。KAIも参戦表明し、WRESTLE-1版の「G1クライマックス」ともいえる最強決定戦の開催が決定的になった。詳細は13日に発表される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス