文字サイズ

和田レフェリー 世IV虎に苦言

安川悪斗(右)にグーパンチを見舞う世IV虎=2月22日
1枚拡大

 スターダムの2月22日、後楽園ホール大会で行われた世IV虎対安川悪斗を裁いた全日本プロレスの和田京平レフェリーが11日、都内で“けんかマッチ”について激白した。

 和田レフェリーは「何でも起こりえるのがプロレス」と前置きしつつ、鼻骨、頬骨、左眼窩(か)底骨折など安川の顔面に重傷を負わせた世IV虎に対し「(ワールド・オブ・スターダム)選手権でああいうことをやるのは王者としての品格がない」と苦言を呈した。

 40年以上のレフェリー生活で“けんかマッチ”寸前となったことは「何度もある」としたが、実際にリミットを超えたものは初だったという。凄惨(せいさん)となった7分45秒の試合は「選手権だから、なかなか止められなかった部分はある」と振り返った。

 それでも、最善は尽くした。世IV虎の鉄拳などを受け、安川が鼻血を出したためブレークを命じた。ドクターチェックを試みようとしたが、本部席にドクターがおらず、安川の強い意思を尊重して続行を決めた。その後、安川が場外に落ちた際、さらにひどい顔面の腫れを確認。「眼窩(か)底骨折と分かった。本人はそれでもやりたいと言ったが、セコンドが無理というので『じゃあ、タオルを投げろ』といって、タオルを投げたからストップした」と説明した。

 試合中の世IV虎に関しては「けんか慣れをしているというか、ある意味、戦うことに冷静な部分はあったと思う。メーンのリング、選手権、自分がチャンピオンという部分では冷静さをなくしていたのかも」と印象を明かした。もちろん、まだ21歳で強さ、潜在能力を認めている世IV虎のリング復帰を願っている。「ファンには温かい目で見てあげて欲しい」とし、同時に無期限出場停止中の世IV虎に対し「里村(明衣子)選手、高橋奈苗選手とか、お手本がいるんだから、勉強したらいい」と言葉を送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス