文字サイズ

JRA年度代表馬はモーリス 6戦6勝

最優秀短距離馬の座を獲得するとともに、年度代表馬に輝いたモーリス
1枚拡大

 「2015年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が6日、東京都港区のJRA六本木本部で行われ、安田記念、マイルCS、香港マイルと国内外のG1制覇を含め6戦無敗で15年シーズンを終えたモーリス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が、最優秀短距離馬の座を獲得するとともに、年度代表馬に輝いた。

 獲得票数は有資格者291票中215票(最優秀短距離部門では245票)。最優秀短距離馬の受賞は98年タイキシャトル、13年ロードカナロアに続く3頭目となり、マイラー界に誕生した新星が大きな勲章を手にした。

 他の各部門の受賞馬は以下の通り。

 ▽最優秀2歳牡馬・リオンディーズ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)〈289票〉

 ▽最優秀2歳牝馬・メジャーエンブレム(牝3歳、美浦・田村康仁厩舎)〈291票〉

 ▽最優秀3歳牡馬・ドゥラメンテ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)〈285票〉

 ▽最優秀3歳牝馬・ミッキークイーン(牝4歳、栗東・池江泰寿厩舎)〈291票〉

 ▽最優秀4歳以上牡馬・ラブリーデイ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)〈174票〉

 ▽最優秀4歳以上牝馬・ショウナンパンドラ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)〈213票〉

 ▽最優秀ダートホース・コパノリッキー(牡6歳、栗東・村山明厩舎)〈147票〉

 ▽最優秀障害馬・アップトゥデイト(牡6歳、栗東・佐々木晶三厩舎)〈289票〉

 JRA賞の記者投票有資格者は(1)中央競馬の記者クラブに通算3年以上加入(会友を含む)し、当該年に年間を通じて中央競馬の取材を行った者(2)東京競馬新聞協会または日本競馬新聞協会に加盟している競馬専門紙各社が、自社を代表して投票させる者(1社あたり5人)となっている。今年は291人が該当。授賞式は25日に都内のホテルで行われる。※原稿中の馬齢は明け年齢

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス