文字サイズ

元騎手の栗原調教助手が美浦で刺される

 5日午前5時55分ごろ、茨城県美浦トレーニングの従業員宿舎で、元騎手の栗原洋一調教助手(59)が胸をナイフで刺されているのを同僚が発見した。その後は病院に搬送。意識はあるという。県警稲敷署は殺人未遂容疑で捜査を開始している。

 稲敷署によれば、勤務時間になっても出勤しないため、同僚男性が宿舎を訪問。ナイフが胸に刺さった状態でベッドの上に倒れていたという。出血量はそれほど多くなく、本人は「誰かに刺された」と話している。

 栗原助手(59)は74年に騎手デビューし、通算1653戦111勝(うち障害672戦69勝)を挙げて、01年に現役を引退。80年の東京障害特別・春(ナカミショウグン)で重賞も勝っている。引退後は美浦の根本康広厩舎で、競走馬の調教にまたがる助手を務めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス