文字サイズ

たむらけんじ カレー店閉の事情説明

 お笑いタレントのたむらけんじが(42)が19日、フェイスブックでオーナーを務める新大阪駅構内のカレー店「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」が閉店すると発表した。だが理由を“大人の事情で”としたことから、さまざまな憶測が飛び交い、再度事情を説明することになった。

 売り上げが年間7800万円を誇るカレー店を9月いっぱいで閉店すると公表した。

 だがその事情を巡り、様々な憶測を生んだことで、改めて「ややこしい書き方をしてすいませんでした」と謝罪。「揉めて辞めさせられるとか、無理矢理とかでは絶対ありません」と騒動があったことを否定した。

 「大人の事情」と記したことで、一部で閉店に納得していないと報じられた。だが「僕も完全に納得しての撤退ですし、5年前の9月にオープンして丸5年経っての契約満了での撤退です」と説明。「悔しい」と書いたことに対しても「僕が納得してないと取られたようなのですが、これは本当に素晴らしい接客をしてくれる従業員の働く場所を僕の力不足で無くしてしまうのが悔しいとゆう事だったと」釈明した。

 実業家として、カレー店閉店の次の手も打っているたむら。「実はまだ発表出来ませんが、ど偉い話が舞い込んできました」と新たな事業を進めていることを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス