文字サイズ

岡本夏生 インフル出演が降板理由?

岡本夏生
1枚拡大

 タレント・岡本夏生(50)が29日、火曜レギュラーを務めていたTOKYO MX「5時に夢中!」を降板した。8日にインフルエンザに感染していたことを明かして生出演し、一部で批判の声が上がっていたが、この日の番組で謝罪。降板理由の一つであることを説明した。ネットでは、インフル“強行”出演が本当の理由なのか、などと降板理由をめぐり、様々な臆測が飛び交っている。

 岡本は4年半にわたり同番組に出演。ド派手な衣装やコスプレで話題を提供するとともに、歯に衣着せぬ毒舌コメントで賛否両論巻き起こしてきた。

 今月8日の放送では、がん闘病で休養中の火曜日のもう1人のレギュラーコメンテーター・北斗晶の夫、佐々木健介がゲストコメンテーターとして出演。岡本は体調不良の表情、鼻声のまま「インフル治って3日、4日たつんですけど」などと話していたが、がん闘病中の北斗が佐々木を介して感染したらどうする?などとネット上で批判の声も上がっていた。

 岡本は29日放送の番組エンディングで「インフルエンザの後、診断書も持たないまま8日にテレビに出てしまったことで、佐々木健介さんはじめ、すべての演者、スタッフの皆様にとても御心配をおかけしました。ご迷惑をお掛けした皆様、本当に申し訳ございませんでした。深く反省し、今日限りで番組を降りることになりました。今までありがとうございました」と用意した紙を、一気に早口で読み上げた。感情を押し殺したような機械的な口調だった。

 岡本にとっては、降板は想定外だったようで、29日午前に更新したブログでは「当たり前の日常は、いつだって予告なく、崩壊する」「いつまでも、あると思うな 親と、金と、レギュラー番組だっちゅーの」「人生なんていつだって一寸先は闇ズラよ 経験者は、しみじみ、語る」と書き込んでいた。

 この日の番組序盤では「『5時に夢中!』のコメンテーターを下ろされる確率、11分の1」と突然コメント。MCのふかわりょうが戸惑いながら「どういう試算ですか?それ」とツッコミを入れると、岡本は「月曜から土曜(※正しくは金曜)まで、(コメンテーターが)11人いたかな、と。この確率はどうかな」と意味深にニヤリ。ふかわが、「私、分かりません」と話題を締めにかかったが、岡本はふかわの言葉にかぶせるように「一応、予告編で言っておきます」と再びニヤリとしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス