文字サイズ

羽鳥アナ 夫人が今月女児出産へ

NHK朝ドラ「べっぴんさん」の脚本を担当する渡辺千穂氏。臨月を迎え、ふっくらとしたお腹を抱えて登場した=NHK大阪放送局
1枚拡大

 10月スタートの次々期NHK朝の連続テレビ小説の制作発表が13日、大阪市の同局で行われ、タイトルは「べっぴんさん」、脚本を渡辺千穂氏(43)が担当することが発表された。

 会見に出席した渡辺氏は14年8月に結婚したフリーアナウンサー・羽鳥慎一(44)との間に第1子の女児を妊娠中で、今月にも出産予定であることを公表した。

 作品のヒロインは、ベビー服メーカー「ファミリア」(本社・神戸市)の創業者、坂野惇子さんがモデル。昭和初期から戦後の高度成長期の神戸・大阪を舞台に、ヒロイン・すみれが戦後の焼け跡の中で子供服専門店を立ち上げ、仲間の女性たちと激動の時代をたくましく生きる物語。

 くしくも、自身も母親となって作品に携わることになった渡辺氏は「現在臨月で高齢出産となりますが、出産準備をしておりまして、今でも役立つものが昔の資料に載っていて、感慨深いものがあります。戦争でたくさんのものを失ったヒロイン達が、同じ状況で困っている赤ちゃんやお母さん達のために、ぶれることなくまい進する姿を描きたい」と語った。

 間もなく出産のため産休に入るが、これを想定して作品への準備は進めてきたといい「今後は家族総動員で乗り切りたい。夫にはまずは作品を応援してもらいます」と笑顔で語った。

 渡辺氏は、沢尻エリカ主演で女のバトルを描いて話題となったフジテレビ系「ファースト・クラス」(14年)などを担当。今回の作品はバトルとは趣がやや異なるというが、ドラマの三鬼一希・制作統括は「作品にはたくさんの女性が出てきますし、悪女もいるかもしれない。渡辺さんは女性の生きざまを描ける方」と脚本起用の経緯を説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス