文字サイズ

浅尾美和 夫の故郷・岐阜にマイホーム

 元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和(29)が21日、フジテレビ「クリスマススペシャル中居正広が12人の美女と結婚を考える夜。」に出演。2年前に結婚した夫への強い愛情を示しながら、岐阜県内に完成したマイホームでの結婚生活について「今の幸せを考えると涙が出る。こんなに幸せでいいのかと不安にもなる」などと語った。

 172センチ、53キロ(公称)のプロポーションで「ビーチの妖精」とも呼ばれた浅尾は2012年12月に現役を引退。翌13年4月には「一生この人だと思った」という9歳上の美容師の男性と結婚し、昨年12月には第1子の長男を出産した。

 夫との出会いは、浅尾が現役時代のグラビア撮影で相手がヘアメークを担当したこと。かねて浅尾は「いつかは地元に帰りたかったので、結婚するんだったら(同じ)三重県出身か、ちょっと広げて東海3県(三重、愛知、岐阜)と思っていた」というが、相手は岐阜県出身と条件が一致した。さらに、「カッコイイし気がつく。楽屋を出る時にドアを開けて『どうぞ』と言ってくれるなど、好きになっちゃった」とおのろけ全開で夫への愛情を示した。

 司会の中居正広からは「そんなに愛して(相手が)重くない?」と振られた浅尾だが、「夫は『美和がそんなに思ってくれるなら』と言ってくれる。今でも(夫とは)毎日ハグしています」と意に介せず。番組収録の2日前には夫が美容店を営む岐阜県内にマイホームが完成。今月16日に1歳となった長男や、夫の母親との同居生活が紹介され、「私の(タレント)収入は全部ためています」などと、地方婚での堅実な家計方針も明かされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス