文字サイズ

狩野英孝 神主との兼業批判にも平然

「必死に笑いをとるのはダサい」と言い放った狩野英孝
1枚拡大

 お笑いタレント・狩野英孝(33)が19日、フジテレビ系で放送された「さんまのお笑い向上委員会」に出演。神主とお笑いの二足のわらじについて、千原ジュニアから「どちらかに専念を」と腹をくくるよう助言されると、「必死に笑いをとるのはダサい」とあっけらかんと話した。

 狩野の実家は宮城県栗原市の桜田山神社。狩野は2人兄弟の長男で、後継者になることを望んでいた父・勉さんが他界したことから、昨夏、神主の資格を取得した。取得理由については「人生の保険」とテレビなどで公言している。

 狩野はジュニアから“神主をやるなら芸人をやめろ”と忠告された上で、「神主やってるの?」と聞かれると、「この前も、七五三、新嘗祭(にいなめさい)とかご祈祷、全部、僕がやってきました」と得意げ。「お祓いとお笑いを両立してる」とダジャレで返した。

 神主とお笑いの両立について、疑問を投げかけられると、「『後がない』みたいなの、この時代、ダサくないですか。もう(みんな)必死じゃないですか。カメラ回ったら、笑いとらないと、って」と必死に笑いをとる芸人はダサい、とまで言い切った。

 また、アンガールズ・田中卓志からタメ口を注意されると、「先輩たちに言いたいのは、僕、敬語使えないんですよ。中学の時から」とあくまで“狩野流”。「でも僕、後輩からタメ口でも全然気になんないです」と明るく話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス