文字サイズ

東レキャンギャルに海老沼さくら

会見のため、くびれを作ってきたという海老沼さくら=東京・日本橋の東レ本社
見事なプロポーションを披露する海老沼さくら=東京・日本橋の東レ本社
バレエのポーズをする海老沼さくら=東京・日本橋の東レ本社
2年間通っているヨガの「肩こりがとれるポーズ」をする海老沼さくら=東京・日本橋の東レ本社
4枚4枚

 山口智子(51)や藤原紀香(44)、山岸舞彩(28)らを輩出した東レの「2016年東レキャンペーンガール」に高校2年生の8頭身美女、海老沼さくら(16)が選ばれ、29日、都内でお披露目された。

 身長169センチ、バスト82センチ、ウエスト60センチ、ヒップ87センチのプロポーションと華やかな笑顔、凜としたたたずまいが決め手。伝統ある企業の顔に抜てきされ「歴史に負けないよう頑張っていきたい」と意気込んだ。

 神奈川県出身で、地元の大和市では中学3年間、部活動で励んだバスケットボールの市選抜最優秀選手に選ばれた経歴を持つ。10年間のクラシックバレエ経験があり、I字バランスもお手の物とスポーツ万能。身長185センチでタイヤ関係の会社を経営する父を筆頭に長身の家系だという。

 目標は、名前の由来になった映画「男はつらいよ」シリーズの主人公の妹、諏訪さくら。「やさしくて、思いやりのある、さくらさんのような女性になりたい。ファッション雑誌の専属モデルや、将来的には誰からも憧れられる女優さんになりたいです」と目を輝かせた。

 来年10月まで同社の高機能水着に使われている先端素材などをPRしていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス