文字サイズ

山本耕史「思い続けなきゃだめでしょ」

ベストレザーニストを受賞し、お気に入りの革のアイテムとしてペンを手にとった山本耕史
発表会に登場した山本耕史とホラン千秋=都内
左手薬指に結婚指輪はつけていない俳優の山本耕史=東京都内
俳優の山本耕史
4枚4枚

 女優の堀北真希(26)と今月22日に電撃結婚した、俳優の山本耕史(38)が28日、都内で行われた「ベストレザーニスト2015」記者発表会に出席。入籍発表以来初めて、公の場に登場した。左手薬指に結婚指輪はつけていなかった。詰めかけた約80人の報道陣に「やっぱり、何事も思いを持っていればたどり着くと思っています。思い続けなきゃだめでしょ」と執念のアプローチを実らせた末の結婚についても語った。なお、同賞は09年に堀北も受賞しており、夫婦受賞となった。

 同賞は「今年最もレザーが似合う著名人」を日本皮革産業連合会が決定するもの、今年で15回目。山本はタレントのホラン千秋(26)とともに選出された。

 この日は「国民的女優のハートを射止めた男」の声を聞こうと報道陣約80人が集結し、注目度の高さがうかがわれた。取材は各社1人だけに制限され当初、イベント後に囲み取材が予定されていたが、前日になり挙手制の質疑応答に変更された。質問も賞に関することだけに限定されるなど、会場にはピリピリムードが漂った。

 とはいえ、山本は堀北との結婚について、とりわけ隠すようなことはしなかった。同賞の“先輩”である堀北からも「今日は向こうの方が先にでかけたので。奥さんからはおめでとうと言ってもらった」という。「人生のとても大切な時を迎えて、そういうタイミングでこの賞をもらえたので幸せです。(結婚と)ダブルでうれしいです」と受賞を喜んだ。

 「中学生のころから革製品を愛用している」という山本は、黒のレザーブルゾンに白のTシャツ、ブルーのジーンズ姿。「革は長い間、着ていくうちにフィットしていく。一緒に人生を歩んでいくようなもの」と、まるで結婚スピーチのようなトークも展開。堀北との結婚生活についても「お互いマイペースなので、革のように寄り添って、お互い1つの形になれたらいいなと思います」と語った。

 山本は24日にVTR出演したフジテレビ「とくダネ!」で、今年5月の舞台「嵐が丘」での共演中に約40通の手紙を渡したことを明かした。この日も、気になる革のアイテムにペンを手に取り「僕、字を書いたりするのが好きなんで。これなら、思いも伝わるんじゃないですか」とコメント。欲しい革製品についても「レザーの便せんとでも言っておけばいいですか」と、求愛のエピソードを思い起こさせるリップサービスも飛び出した。

 堀北が京都入りする新幹線に勘で乗り込み指輪を渡してプローポーズするなど、“交際0日”の猛アタックぶりが話題となった。

 自身と同じく受賞したホランのファッションの感想を聞かれると「僕が好きなものを好きでいてくれるのは好き。ハッとしますよ」と回答。ホランから「すいません。私で」とつっこまれ、照れ笑いを浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス