文字サイズ

NGT北原、柏木由紀と新潟で審査員

NGT48のオーディションで審査員を務めた北原里英(左)と柏木由紀=新潟市
NGT48のオーディションで審査員を務めた(左から)北原里英、柏木由紀=新潟市
NGT48のオーディションで審査員を務めた北原里英(左)と柏木由紀=新潟市
3枚

 AKB48の新姉妹グループであるNGT48の、1期生オーディション2次審査が11日、本拠地となる新潟市内で行われ、キャプテンの北原里英(24)と兼任メンバーの柏木由紀(23)が審査員を務めた。

 応募者5850人から1次の書類選考を通過した181人(新潟在住105人)が参加。面接に立ち会った北原は、かねて雪国だけに色白メンバーを想定し、自身の肌の地黒が悩みの種だったが、「意外にみんな日焼けしてるんだなと思いました」と安どの表情を浮かべた。

 柏木は「『新潟を盛り上げたい』という子が多いのが印象的で、未来が見えた気がします」と無限の可能性を秘めた後輩に期待。最終3次審査は今月25日に実施され、1期生20~30人が決定する。

 10月1日にスタート予定の劇場公演とは別に、新潟県内の各市町村をキャラバン隊で回るプランも構想中。北原は“劇場外ステージ”の候補地として、「長岡の花火大会で、NGT48の成功を祈って尺玉2連発とか打ち上げたい!!スキー場もたくさんあるので、雪の上のライブもできたら」と挙げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス