文字サイズ

NMB大苦戦にキャプテン山本彩号泣

 「AKB48 第7回選抜総選挙」(6月6日開票)の速報結果が20日、発表され、NMB48のキャプテン・山本彩(21)は、昨年に続いてNMBが大苦戦したことに、ステージ上で「悔しい」と号泣した。

 思わぬ結果に、勝ち気な「さや姉」も大粒の涙をこらえられなかった。この日、所属する「チームN」の公演を終え、そのままステージ上で発表の中継を見ることに。名前が呼ばれた80人中、NMB48のメンバーはわずか8人だった。

 自身は昨年の最終結果だった6位から1つ順位を上げたが、グループとしての大苦戦に「悔しい…」と号泣。劇場にも沈痛なムードが流れた。

 昨年の速報発表でもランクインが11人にとどまり、劇場支配人の金子剛氏が「私の責任だと感じております」と謝罪する事態に。だが、昨年の選抜メンバーが4人抜け、全体的に手薄になったとされた今年、さらに人数を減らす結果となってしまった。

 今回の速報発表で、上位16人の選抜枠に入ったのは山本1人。半分となる40位以内にも、18位に渡辺美優紀、34位に上西恵、39位に加藤夕夏が入ったのみだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス