文字サイズ

ももクロ妹分少女、ヘリウム吸い搬送

番組収録中にアイドルが緊急搬送された件について会見を開いたテレビ朝日幹部
1枚拡大

 テレビ朝日は4日、都内で会見し、1月28日に都内の本社内スタジオでBS朝日の番組「3B juniorの星くず商事」の収録中、出演者であるアイドルグループ・3B juniorの12歳の女性メンバーが倒れて意識を失い、救急搬送されていたことを明かした。収録当時、5人一組でヘリウムガスが入った声を変える市販のパーティグッズを一気に吸うゲームをしていた。スタッフが「大人用」と書かれた注意書きを見落としていたという。

 脳の血管に空気が入り、血流を妨げられている状態で「脳空気塞栓症」と診断された。

 少女は病院で治療を受けている。目を開いて声を出そうとしたり、手をあげたりの反応はできるようになったものの、担当医によると「意識は十分に戻っていない」という。

 専門医は「ヘリウムガスを一気に吸ったことが原因ではないか」と診断。現在は水を飲み始めることはできており、担当医は「回復の兆しはある」と診断しているという。

 テレ朝は公表が遅れた理由について(1)これまではっきりした原因の特定にいたっていなかった (2)当初は早い回復が見込まれ、容体の推移を見守っていた--などを挙げた。

 会見では「収録時の安全管理に問題があった可能性もあり、深く反省しております」とし、「番組の収録がこうした結果を招き、ご本人やご家族、関係者の皆様に、心より深くお詫び申し上げます。一刻も早い回復を願っております」と謝罪した。

 3B-はももいろクローバーZが所属する事務所のアイドル育成部門で、ダンス・ボーカルレッスンを通してユニットデビューを目指すプロジェクト。3B-にとって同番組は初の冠番組で1月24日にスタートしたばかり。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス