文字サイズ

「花アン」の高梨臨は“将棋ガール”

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの親友“醍醐さん”を好演し、人気急上昇中の女優・高梨臨=たかなし・りん=(25)=が6日、NHK「スタジオパークからこんにちは」にゲストとして生出演。“将棋ガール”をカミングアウトし、羽生善治名人に「パルピテーション」を感じたことを告白した。

 休みの日は家から一歩も出ず、DVDを見たり、ゴロゴロするのが好きという高梨。日曜日にたまたまつけたテレビで将棋を放送していたことから、興味を持ち、「将棋入門」「米長の将棋 完全版」などの本を買い込み、戦法を研究。今では将棋が趣味という“将棋ガール”であることなど、プライベートについて語った。

 7月25日には、「大ファン」という羽生氏の名人就位式に花束贈呈役として登場。「初めてお会いして、大ファンだったので、パルピテーションでした!」と「花子とアン」でもたびたび登場する、ときめきを表す“パルピテーション”を使って、ドキドキぶりを瞳を輝かせて表現した。

 最近は「父とも将棋を指します」と笑顔。いつも持ち歩いているという将棋会館で購入した将棋の駒の形をした消しゴムを大量に持参し、「これを(会った人に)渡して、将棋を好きになって一緒に指してもらおうと思って(持ち歩いています)」とはにかんだ。

 この日の高梨は、真っ白なノースリーブのニットに、紺のショートパンツ姿。スラリと長い美脚もさわやかに披露した。

 また、共演の吉高由里子は、高梨について「めっちゃ笑いの沸点が低い。そんなに笑うの?!っていうぐらいめっちゃ笑ってくれる。その笑い方にこっちもつられて笑っちゃって、こっちもハッピーな空気になる」と証言。月曜から土曜まで同ドラマの収録があり、現場でも常に一緒の2人だが、高梨は「プライベートでも一緒。(休日の)日曜もよく一緒に遊んでます」と明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス