文字サイズ

上方漫才大賞に10年M-1王者笑い飯

 横山やすし・西川きよし、ダウンタウンらも受賞した「第49回上方漫才大賞」が19日、大阪市内で発表され、西田幸治(39)と哲夫(39)の漫才コンビ・笑い飯が大賞を受賞した。

 奈良出身の西田は「関西で育って、テレビで漫才ばかり見ていました。今回、この賞をいただけることとなり、まだまだ漫才と付き合っていくんだと感じています。漫才が好きです。ありがとうございます」と感無量の表情を見せた。

 笑い飯は2000年にコンビ結成。ボケとツッコミの役割を固定せず、2人が交互に担当する「Wボケ」のスタイルを確立して人気を得た。03年の上方漫才大賞新人賞など各賞レースの新人賞を獲得。10年にはM‐1グランプリを制している。

 哲夫は「一番上の賞をいただきました。うれしいものです」と笑顔。関西で半世紀の歴史を誇る、由緒ある賞の獲得を素直に喜んだ。今後の目標を問われると「坂上忍さんばかりテレビに出させないことです」と答えて、会場の笑いを誘っていた。

 奨励賞はダイアン、新人賞は学天即が受賞した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス