文字サイズ

三浦春馬 高熱で映画舞台挨拶を欠席

 俳優の三浦春馬(23)が、高熱による体調不良のため、30日に都内で行われた映画「ZIPANG PUNK~五右衛門ロック3」の公開記念舞台あいさつを欠席した。

 所属事務所によると29日夜に発熱。30日の日中、病院に行ったものの熱が下がらず、ドクターストップがかかったという。症状は「風邪のようなもの」(所属事務所)で、回復に数日を要する見込み。この日は自宅で療養したという。

 会場では司会のフリーアナウンサー・中井美穂(49)が、三浦の「キャストの皆さん、会場の皆さんと一緒に時間を過ごすことができず大変申し訳なく思います」というメッセージを代読した。

 舞台あいさつには古田新太(48)、麿赤兒(71)、高橋由美子(40)、浦井健治(32)が登場した。

 古田が「三浦春馬です。僕が来られなくても皆が帰らないのは、この作品が認められたということだと思います。春馬的には~」と三浦になりきってスピーチし、アングラの巨頭・麿までもが「三浦春馬ではありません」とあいさつするなど、皆で不在をカバー。浦井は「春馬君と殺陣を一緒にやっているとすごくいい匂いがする」と、三浦のエピソードを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス