文字サイズ

「ベストテン」ランク操作なし黒柳証言

 人気音楽番組「ザ・ベストテン」を手がけ、8月28日に特発性間質性肺炎のため死去した元TBSプロデューサー・山田修爾さん(享年67)の葬儀・告別式が3日、東京・青山葬儀所で営まれ、同番組で司会を務めた黒柳徹子(80)、久米宏(69)ら約200人が参列した。

 黒柳は弔辞の中で、1978年1月の番組開始時に「本当に1位でない人を、1位と言わせないでください」と“ランキング操作”拒否の姿勢を打ち出したところ、山田さんは番組終了までの12年間、その約束を守り抜いたことを明かした。

 第1回放送は、大人気だった山口百恵さんの楽曲が11位。同番組はベスト10に入った歌手が生出演して歌う内容で、ランキング番組には「出たくない」という理由でベスト10に入ったものの、出演しなかったアーティストもいた。番組関係者の間には「(番組に出たくないない人がいるなら)百恵さんを出してもいいんじゃないか。百恵さんの出ないベストテンなんて」という声も上がったが、山田さんは「黒柳さんとの約束だから」と認めなかったエピソードを披露した。

 番組では“出演拒否”の理由を司会者が説明するという異例の演出も話題を呼んだ。

 黒柳は、「山田さんは清廉潔白な人。約束を12年間、守ってくださった。ベストテンは60年のテレビの仕事の中で宝物」と胸を張り、黒柳とともに取材に応じた初代司会者の久米宏も「黒柳さんがおっしゃったように、曲がったことが大嫌いだった」と故人をしのんだ。

 出棺は「ザ・ベストテン」のテーマ曲でお見送り。懐かしのイントロが流れると、黒柳は涙をぬぐい、拍手で天国へと旅立つ山田さんに別れを告げていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス