文字サイズ

柔道、100キロ級はウルフがV 講道館杯最終日

 男子100キロ級決勝 下和田翔平(下)に内股で一本勝ちしたウルフ・アロン=千葉ポートアリーナ
1枚拡大

 リオデジャネイロ五輪代表第1次選考会となる柔道の講道館杯全日本体重別選手権最終日は8日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、男子100キロ級は19歳のウルフ・アロン(東海大)が初優勝した。

 父が米国人のウルフは決勝で下和田翔平(京葉ガス)に内股で一本勝ちした。同100キロ超級はロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)が2年ぶり2度目の優勝。19歳の小川雄勢(明大)が3位に入った。同90キロ級は大辻康太(日本エースサポート)が初制覇し、同五輪3位西山将士(新日鉄住金)は2回戦で敗退。

 女子は52キロ級で西田優香(了徳寺学園職)が2年連続3度目の制覇。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス