文字サイズ

脇阪寿一 公式アカウント得られず怒り

 ツイッターの公式アカウントが得られないことをブログで嘆いた脇阪寿一
1枚拡大

 レーシングドライバーの脇阪寿一(42)が2日、ツイッターの公式アカウントが得られないことをブログで嘆いた。

 脇阪は最近、「寿一も公式アカウントに登録してもらえばよいのに」とアドバイスされた。そこでスポーツ界の友人のツイッターを見れば、柔道の野村忠宏、ゴルフの金田久美子といずれも公式アカウントを得て、ツイッターに認証バッジが付いている。

 そこで脇阪はマネジメントを依頼している吉本興業を通じてツイッター社に問い合わせたところ…。「リクエストいただいた、脇阪寿一さんの認証の件ですが、レーサーとなるとF1パイロットのガイドラインしか存在せず、ガイドラインに日本のレーサーが存在しておりません」と、何とも冷たい回答が返ってきた。

 日本のレースファンなら知らない人はいないほどのトップレーサーが、著名人とは認められなかったのだ。

 脇阪は「一瞬、Twitterやめたろか!!って腹が立ちましたが…」、心を鎮めてから「真摯に受け止め、自分を高めるしかありません」と思い直した。

 そして「日本のレーシングドライバーの皆さん」と呼び掛け「F1以外は認めないらしいです。これが現実です。業界を盛り上げられるように頑張るよ!!」といっそうの活躍を誓った。

 ツイッターの公式(認証済み)アカウントとは、著名な個人またはブランドがTwitter上で本人であることを保証するためのもので、ツイッターのプロフィールに青いチェックマークの認証バッジが付いている。

 ツイッター社は公式サイトでこの認証済みアカウントについて「芸能人やスポーツ選手、政治家などの著名な方々のアカウントを中心に付いています」と紹介、認証基準について「アカウントの認証は、芸能やスポーツなど、それぞれの分野での担当チームが、ご本人あるいは芸能エージェンシーなどの代理人の方と直接ご相談しながら、ひとつひとつ確認を行っています」と説明している。

 脇阪は1996年、全日本F3選手権シリーズのチャンピオンとなったのを皮切りに2002年GT選手権シリーズチャンピオン、06年、09年とスーパGTシリーズでドライバー&チームのダブルタイトルを獲得している。スーパーGTシリーズでのタイトル獲得数は歴代トップタイ。またトヨタ自動車レース部門の開発ドライバーも務めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス