文字サイズ

山田がシリーズ史上2人目の3打席連発

5回、山田は左越えに三打席連続となる勝ち越し2ランを放つ(撮影・吉澤敬太)
5回、3打席連続本塁打を放ったヤクルト・山田=神宮球場(撮影・堀内翔)
5回ヤクルト2死一塁、山田哲人は左越えに三打席連続となる勝ち越し2ランを放つ=神宮(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「日本シリーズ・第3戦、ヤクルト8-4ソフトバンク」(27日、神宮球場)

 ヤクルトの山田哲人内野手(23)が、五回に逆転2ランを放ち、3打席連続本塁打。日本シリーズでの3打席連続本塁打は、1970年に巨人・長嶋茂雄がロッテ戦で放って以来、史上2人目の快挙。1試合での3連発は史上初で、1試合3本塁打も史上初だ。。

 若きスラッガーが、伝説に並んだ。1点をリードされて迎えた五回、1死一塁。3ボール1ストライクから、ソフトバンク2番手・千賀の内角直球を、体を回転させながらフルスイングすると、打球は大きな弧を描いて左翼席に飛び込んだ。

 “ミスター”長嶋氏に並ぶ、日本シリーズ最多タイの3打席連続弾。1970年の長嶋氏は、第3戦から第4戦にかけて2試合で達成しており、1試合での3連発は史上初となる。快挙にも山田は「バッティングカウントになったので、ストレートに絞って1、2、3で思い切っていきました。詰まっていたが押し込めた分、風にも助けられてホームランになってくれました」と謙遜しながら話した。

 山田はこの日、初回にソフトバンク先発の中田をとらえ、バックスクリーン左へ飛び込む先制2ラン。「追い込まれていたが当てにいくことなく、甘いボールだったが、力強く振り抜くことができました」とコメントした。三回にも再び中田から同じバックスクリーン左へ、一時は勝ち越しとなる本塁打を放っていた。

 山田は今季、レギュラーシーズンでは球団初の「トリプルスリー」(3割、30本塁打、30盗塁)を達成し、38本塁打で本塁打王にも輝いた。シリーズでは第2戦までで7打数1安打、打率・143と沈黙していたが、8月には日本タイ記録となる4打席連続本塁打を記録した本拠地・神宮に戻り、完全復活した。

 ヤクルトは山田の5打点の活躍でソフトバンクを破り、今シリーズ初勝利。01年以来、14年ぶりの日本シリーズ勝利を挙げた。ソフトバンクは昨年の日本シリーズ第2戦から続いていたポストシーズンの連勝が「9」でストップした(アドバンテージを除く)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス