文字サイズ

巨人、福田投手を野球賭博行為で告発へ

野球とばく発覚を明らかにした巨人の久保博球団社長(右は巨人の森田清司法務部長)=東京・読売新聞社(撮影・園田高夫)
福田聡志
久保球団社長(左)と森田巨人軍法務部長(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 巨人は5日、都内の読売新聞本社で会見を開き、福田聡志投手が野球賭博に関与した疑いのあることが判明したため、野球協約に基づき、コミッショナーに告発すると発表した。

 球団によると福田は今年8月初旬、税理士法人勤務という男性A氏の誘いに乗り、全国高校野球選手権大会の複数の試合で賭けを行った。その後、プロ野球とメジャーリーグの試合も賭けの対象になり、9月初旬までプロ野球10試合、メジャーリーグ10試合で賭けを行ったという。プロ野球では巨人戦が3、4試合含まれていた。現金のやり取りは1度もしていないというが、最終的には福田の100数十万円の損となっていた。

 9月30日、A氏がジャイアンツ球場を訪れ、「福田選手の借金を取り立てに来た」と話したことから事態が発覚。本人に事情聴取をした上で、告発相当との判断に至り、コミッショナーに報告。一両日中に、正式にコミッショナーあての告発を行うという。

 福田が巨人戦を賭けの対象とした行為は、野球協約第177条1項6号「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」もしくは、第180条1項2号「出場しない試合について賭けをすること」に違反するとみられる。福田の行為がどちらに相当するのかはコミッショナー判断になるが、第177条1項6号であれば永久失格処分、第180条1項2号であれば1年間ないし無期の失格処分となる。

 また、A氏は笠原将生投手の友人の知り合い。福田は笠原から紹介されたという。笠原はA氏と麻雀仲間で、A氏から野球賭博の勧誘を受けていたが、断っていた。ただ、A氏が野球賭博常習者と認められた場合、A氏との交際が協約違反になる可能性が出てくるため、笠原についてもコミッショナーあてに文書で概要を報告したという。

 現在、福田と笠原は謹慎中。コミッショナーによる調査、処分などの状況を勘案しながら、球団として処分も行うという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス