文字サイズ

野球で夢つかんだ17歳アフリカ少年

 2日の愛媛戦で公式戦デビューした高知・ラシィナ
1枚拡大

 日本でプロ野球選手になりたい-。そんな大きな夢を抱いて2年前にアフリカから来日した少年が、懸命の努力でその夢をつかみ取った。

 独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス(FD)に所属する西アフリカ、ブルキナファソ出身のサンホ・ラシィナ君(17)が、2日に高知球場で行われた愛媛戦で公式戦デビュー。八回に代打で出場して結果は3球三振だったが、「公式戦に出られてすごくうれしい。応援してくれる人や監督さんに感謝したい」と流ちょうな日本語で喜びを語った。

 ラシィナ君については、以前にも紹介した。10歳のとき、ブルキナファソで活動していた日本人の青年海外協力隊員から野球を教わり、2013年6月に来日。高知FDの練習に参加し、1週間後に行われた入団テストは不合格だったが、野球に対する真剣な姿勢が評価され、練習生として球団に受け入れられた。

 リーグの規定で、練習生がチームに在籍できるのは2年間だけ。ラシィナ君は今季リーグ終了までに「登録選手」に入らなければ、チームを去らなければならなかった。

 身体能力が高く、チームメートから一目置かれるほどの練習好き。来日した頃とは比べものにならないほど打撃も守備も、そして日本語も上達した。

 そんなラシィナ君の努力を、地元ファンはしっかりと見ていた。後期リーグ開幕前の7月にオープン戦に出場すると、電撃入団で話題を集めた藤川球児投手に負けないくらいの声援が17歳の少年に降り注いだ。「ラシィナ君、頑張れ!」-。ファンの声は日ごとに熱を帯びていった。

 球団は8月24、25日にラシィナ君の「昇格テスト」を実施。50メートル走や遠投、ノック、フリー打撃などで審査を行った。梶田宙球団社長から言い渡された結果は「合格」。晴れて登録選手となり、「ブルキナファソ初のプロ野球選手になる」という目標を達成した。

 梶田社長は「ひたむきに練習する姿がファンに愛されていた。技術的にも、バッティングは力強くなったし、ゴロへの反応も良くなった。経験を積めば、さらにステップできる」と期待を寄せる。

 4日の愛媛戦では「8番・三塁」で初めて先発出場を果たした。来季もチームに残ることが濃厚で「もっと試合に出て結果を出したい。次はNPBを目指したい」とラシィナ君。異国で奮闘する17歳は新たな野望に胸躍らせていた。

(デイリースポーツ・浜村博文)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス