文字サイズ

早実・清宮は3打数無安打2三振

日本対アメリカ 4回日本2死、清宮幸太郎はスリーボールノーストライクからフルスイングするもファールになる=舞洲(撮影・山口 登)
2枚

  「U-18W杯・1次ラウンドA組、日本3-0米国」(29日、舞洲)

 日本が初戦のブラジル戦に続いて連勝。世界選手権で3連敗中だった米国に対し、04年以来、11年ぶりの白星をマークした。ブラジル戦で1安打2打点の早実・清宮幸太郎内野手(1年)は、3打数無安打2三振に終わった。

 四回にもう少しで本塁打という大ファウルを打ったが、結果は四球。二回は米国のドラフト候補左腕、ギャレットの外角への143キロ直球を見逃し三振。九回はバトラーの直球に空振り三振を喫した。

 「ヒットが出ないのは久しぶり。みなさんのおかげで勝てた」というチーム唯一の下級生は、「こんなんじゃ早実に帰れない」とがっくり。「米国に勝って、勢いに乗り遅れないようにしたい」と話した。

 一方で、米国戦で吸収したことも大きかった。「チャンスの時に盛り上がるところがすごい。(五回に)三盗を決めた時とかも盛り上がっていた」と感銘を受けたようす。「一見バラバラに見えるが、そういう時にグッと集まって力が出るところは、いいチームだと思った」と見習っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス