文字サイズ

広島のグスマンは左外腹斜筋挫傷 市内病院で検査

 2日のDeNA戦で先制二塁打を放ったグスマン
1枚拡大

 広島は7日、戦列を離れたグスマンが広島市内の病院で検査を受け、「左外腹斜筋挫傷」と診断されたと発表した。5日の中日戦(ナゴヤドーム)の試合前練習中に左脇腹の違和感を訴え、出場選手登録を外れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス