文字サイズ

元阪神坪井が引退「ただのおっさんに」

 元阪神、日本ハムなどで活躍した坪井智哉氏(40)の所属事務所が15日、坪井氏が米独立リーグ・ランカスターを退団し、現役引退したと発表した。

 同氏は14日にすでに帰国。18日に引退会見を開く予定。

 坪井氏は事務所を通じて以下のようにコメントした。

   ◇  ◇

 「今から12年前の2002年、僕がトレードになった時、2007年、日本ハム1回目の戦力外通告時、2010年日本ハム2回目の戦力外通告時、2011年オリックスの戦力外通告時、いつも皆さんのコメントに励まされ、そのおかげで頑張ってこられました。そして2014年。坪井智哉は異国の地で、自らの意思でバットを置きます。引退です。

 この決断をするまでにいろいろなことを考えました。夢に向かって最後の最後まであきらめない!このことだけを自分に言い聞かせて。本当はあと10年でも20年でも野球していたい。しかし、チームに必要とされなくなった今、もうそうするしかありません。この歳になって、レベルを下げてまでプレーするのは違うと。今後のことは今は何も考えられません。しばらくは今まで酷使してきた身体に感謝しつつ、十分いたわってあげようと思います。

 今まで応援してくださった真の坪井智哉ファンの皆様、本当にありがとうございました。明日からただのおっさんになりますが、またどこかで笑顔で会いましょう!」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス