文字サイズ

大谷翔平、メジャー初の登板翌日打者出場で3三振

 「アスレチックス3-0エンゼルス」(27日、オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「3番・指名打者」で出場し、4打数無安打3三振。右肘手術後初、693日ぶりの投手復帰戦となった前日の試合で自己ワーストの5失点で1死も取れずに降板した悔しさを晴らすべく、米移籍後初めて登板翌日に打者でスタメン出場したが、快音を響かせることはできなかった。チームは開幕シリーズ4連戦を1勝3敗で終えた。

 アスレチックスの先発右腕バシットとは昨年6月30日以来の対決。前回対戦で中越え本塁打を放っている大谷だったが、初回1死二塁の好機は空振り三振。カウント1-1から4球連続ファウルにした後、外角高めのボール気味の151キロ速球にバットは空を切った。

 三回2死一塁の打席は中飛。初球、外角チェンジアップにバランスを崩されながらバットに当てたが、力のない飛球がセンターに上がった。

 先頭で打席に立った六回は2番手右腕スミスに空振り三振。カウント2-1から135キロチェンジアップを空振りし、最後は154キロ直球に再び、バットは空を切った。

 0-3の八回無死一塁の場面は5番手左腕ディークマンに空振り三振。初球、外角低めの151キロ直球ストライクを見送った後、外角高めの151キロ、内角低めの151キロを連続空振りし3球三振に倒れた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス