文字サイズ

マリナーズ、東京D開幕戦アベックHRのサンタナとベッカムの保有権放棄

 菊池雄星投手(28)が所属するマリナーズは2日(日本時間3日)、3月20日の東京ドームでの開幕戦でアベック本塁打を記録したドミンゴ・サンタナ外野手(27)とティム・ベッカム内野手(29)の保有権を放棄する(ノンテンダー)と発表した。両選手はフリーエージェントとなる。

 サンタナは昨年12月にブルワーズからトレードでマリナーズへ移籍。東京ドームでの開幕戦は「5番・左翼」で出場し、三回に逆転満塁弾を放つ活躍を見せた。その後も打線の中軸に座り、4月下旬まで打率3割をキープしたが、徐々に失速。今季の成績は121試合に出場し、打率・253、21本塁打、69打点だった。今オフは年俸調停最終年。米メディアは調停になった場合、来季年俸は440万ドル(約4億8000万円)を予想している。

 ベッカムは昨オフにオリオールズからFAになり、マリナーズと1年175万ドル(約1億9000万円)で合意。開幕戦で「7番・遊撃」で五回の2ランを含む3打数3安打1四球2打点をマークした。1週目の週間MVPを獲得するなど、開幕13勝2敗のスタートダッシュに成功したチームを支えた。

 08年ドラフト全体1位のポテンシャルを開花させたかに見えたが、サンタナ同様、5月以降は精彩を欠き、8月に薬物規定違反により80試合の出場停止処分を受けた。今季は88試合の出場で打率・237、15本塁打、47打点で終了。こちらも年俸調停最終年で調停になった場合の来季年俸は300万ドル(約3億2700万円)になると予想されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス