文字サイズ

大谷翔平、本地復帰戦の第1打席は空振り三振 選手紹介はカウボーイ姿

球団企画「カウボーイハット・デー」にちなみ選手紹介の大谷の顔も…(撮影・小林信行)
 ロイヤルズ戦の1回、空振り三振に倒れ、ベンチに戻るエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
2枚2枚

 「エンゼルス-ロイヤルズ」(17日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)がロイヤルズ戦(日本時間18日午前11時7分開始)に「3番・指名打者」で出場した。第1打席は空振り三振に倒れた。

 大谷が本拠地開催試合でプレーするのは右肘手術から復帰後初。昨年9月30日のシーズン最終戦以来、229日ぶりとなった。選手紹介されたり、打席に入った際も、ファンの大きな声援と拍手は変わらなかった。

 ロイヤルズの先発は23歳右腕のケラー。今季は9試合に登板し、2勝4敗、防御率4・47。2-2から速球を空振りした。

 大谷はここまで8試合に出場し、打率・294(34打数10安打、5四死球)、出塁率・385、1本塁打、6打点。15日のツインズ戦では変化球に苦しみながらも6打数1安打で4試合連続安打をマーク。13日の試合では復帰後初本塁打、翌14日には1試合3安打を記録している。

 この日は球団企画「カウボーイハット・デー」が行われており、選手紹介時にカウボーイに顔が変更。地元ファンを目でも楽しませていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス