文字サイズ

大谷翔平「ちょっと投げれれば」 3月下旬にも投球プログラム再開

 米メディアの取材に応じる大谷(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「エンゼルス春季キャンプ」(20日、テンピ)

 昨年10月に受けた右肘手術からの復帰を目指すエンゼルスの大谷翔平選手(24)が3月下旬に投球プログラムを再開するプランがあることを明かした。

 今季は打者に専念し、5月の戦列復帰を見込まれている大谷。来季以降の復帰を予定している投手に関しては「(キャンプ)終盤でちょっと投げれればいいんじゃないかなとは思う。うまくいけば、そうなりますし、何通りかプランを立ていきたいなと思っています」と明るい表情で話した。

 この日は、リハビリメニューの一つある素振りを3日連続で行い、「強度と本数を増やしている。そこをクリアしてティー打撃に入っていく感じかなと思います」と話し、次の段階へ進むことに意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス