文字サイズ

落合博満氏、大谷翔平のバッティングは「時間の使い方が下手」

11月14日放送の『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)の収録の様子
1枚拡大

毎日放送『戦え!スポーツ内閣』の11月14日放送回に、プロ野球界のレジェンド・落合博満氏がゲストで登場。その収録が先日おこなわれ、メジャーで新人王を獲得した大谷翔平選手にダメ出しをした。

イチロー以来、日本人として17年ぶり4人目となる大リーグ新人王を獲得した大谷選手。打者として22本塁打、投手で4勝の「二刀流」が、全米でも評価された形となった。しかし、「もうちょっとバッティングを覚えてくれたら、40本くらいまで打つんじゃない?」と、さらなる技術の向上に余地があることを匂わせた落合氏。

MCの武井壮が「ひとことだけでも・・・」と詳しい説明を求めたところ、「みなさんに絶対理解できない言い方をすれば」と前置きしつつ、「(大谷は)時間の使い方が下手」と一刀両断。スタジオをざわつかせた。

この発言の真意について、同じくゲストで出演した川相昌弘氏が、「『間の取り方』についてですかね?」と推測。しかし落合氏は、「(それを説明すると収録が)終わんなくなっちゃう。4、5日はここでしゃべらないといけない」とポツリ。MCの小杉竜一は「4、5日かかる収録なんか聞いたことない!」と、途方もないオレ流の打撃理論に驚愕した。この模様は11月14日・夜11時56分から放送される。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス