文字サイズ

大谷翔平「新人の儀式」でカラオケ熱唱 同僚は大興奮!歓声と爆笑

エンゼルス・大谷翔平
1枚拡大

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が、ジャスティン・ビーバーらが歌う世界的ヒット曲「デスパシート」を熱唱する様子を大リーグ公式動画サイト「CUT4」が伝えた。

 球団関係者によると、24日のアストロズ戦後に移動用のチームバスの中で「新人の儀式」として“カラオケ大会”が実施され、大谷ら選手だけでなく、水原通訳も一曲披露したという。

 投稿された45秒の動画には大谷が運転席そばに立ち、マイク片手にカラオケに合わせて「デスパシート、首筋からゆっくりと~」と日本語版を熱唱。高音もしっかり出ており、選手たちも合いの手を入れてノリノリ。歌い終わると拍手と歓声、爆笑がバス内に響き渡った。

 同サイトは「ショウヘイ・オオタニにできないことってあるの?日本から来た二刀流選手は打つことも投げることもできる。そして、歌もうまいことが分かった」などと、その歌唱力を絶賛した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス