文字サイズ

落合博満氏 大谷の“三刀流”に期待「野手・大谷をやって」

 元中日監督の落合博満氏が15日放送のNHKクローズアップ現代+「二刀流・大谷翔平の舞台裏 落合博満がオレ流で徹底分析」に生出演。投手と指名打者の二刀流でメジャーを席巻中のエンゼルス大谷翔平に対して将来的には「野手・大谷をやって」と究極の注文をつけた。

 番組のエンディング。今後の大谷への期待を問われた落合氏は投打の二刀流での活躍は「日本でも分かってましたから」と冷静な評価を下した。

 その上で「これからア・リーグだけでなく、ナ・リーグでもやろうと思ったら野手・大谷。それをやって初めて全部やったって言える。まだそういう選手(過去には)はいないわけだから。究極の選択肢として。内野手なのか、外野手なのかは分からないけど」と要望。「投手」「指名打者」に続いて、究極の一手として「野手」への挑戦も促した。

 それを実現してこそ「大谷はすごいってことになるんじゃない?」と大きな期待を込めていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

大リーグ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(大リーグ)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス