文字サイズ

東京で人気の抹茶タピオカ専門店、関西1号店は大阪に

8月9日に大阪・難波にオープンした「抹茶365」。写真は抹茶の濃さが楽しめる抹茶ラテ 極みは600円
1枚拡大

東京・秋葉原で連日行列ができる抹茶タピオカドリンク専門店「MATCHA365」が8月9日、大阪・難波の御堂筋沿いに西日本1号店をオープンした。

浅草のタピオカドリンク専門店「BOBA(ボバ)365」で人気商品の抹茶ドリンクに特化して、姉妹店として誕生した同ブランド。香り高い風味とミルクとの相性を追究し、江戸時代から続く京都・宇治の「上嶋爽禄園」の「わずか茶」を使用している。

商品の「抹茶ラテ」(550円)、「焼きブリュレ抹茶ラテ」(680円)など全ドリンクが、自家製のシロップに漬けこんだモチモチのタピオカ入り。「今トレンドであるタピオカと、抹茶を掛け合わせることで幅広い年齢層と海外の観光客の方にも楽しんでいただきたい」と担当者は話す。

夏休み中は週に1回以上のペースでタピオカドリンクを楽しむ15歳の女子学生2人組は、「普段も学校帰りに30分~1時間ほどタピオカに並んでます。今日はここを偶然見つけたのですが、抹茶好きなのでラッキーでした。甘過ぎず飲みやすくておいしいし、また買いに来ようと思います」と、喜んでいた。

テイクアウトのみで、牛乳はココナッツミルク、ソイミルクやアーモンドミルクからも選べ、ソフトクリーム「抹茶極み」(390円)も販売。営業時間は11時から20時、金~日・祝日は21時まで。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス