文字サイズ

【2月29日の展望】リステッド競走なら話は別/仁川S

【仁川S】

 長く2勝クラスで苦戦してきた◎アポロテネシーだが、距離延長で活路を見いだし、今ではオープンでも十分勝負になるところまでレベルアップした。

 レースぶりが一変したのが5走前の2勝クラスの一戦。距離を一気に2100mに伸ばして2番手からの積極的な競馬。直線は楽々と抜け出し、後続に6馬身差をつける圧勝劇だった。これまで450前後で推移していた指数は574と一気に伸ばして見せた。続く3勝クラスの晩秋Sも同様の競馬内容で2着に2馬身半と決定的な差。591の高指数は、オープンを勝てるレベルにまで地力強化を遂げている。重賞ではまだ厳しいが、2000mを超えるリステッド競走なら話は別。そろそろ結果がほしい。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・競輪)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス