文字サイズ

【2月22日の展望】距離短縮が起爆剤になる/京都牝馬S

【京都牝馬S】

 昨年は挫石のため取り消した◎ディメンシオン。その後は安定した成績を収められていないが、今回は距離短縮が起爆剤になるとみて狙いを立てた。

 思えば8番人気ながら4着に頑張った関屋記念と、牡馬の強いところを相手に2着と激走した京成杯AH当時が絶好調だった。特に後者はマイルを1分30秒9の快時計で走破し、スピード指数も588とGIに手が届きそうなレベル。極限のスピード競馬に対応できるのなら、むしろもっと前が速くなる7F戦の方が戦いやすいだろうという見立て。一連の成績から人気にもならない今が狙いごろで、一獲千金を狙う。

 強敵は京都金杯で牡馬を一蹴した○サウンドキアラ。ヴィクトリアマイルで581の高指数からもスピードは非凡だ。◎○軸2頭マルチで3連単を買う。

【馬サブローコンテンツ】

・僚紙「馬サブロー」栗東支局長・竹村浩行の予想は→こちらをクリック

・“万券ハンター”こと美浦支局長・佐野裕樹の予想は→こちらをクリック

・スタッフによる予想動画「馬サブローTV」は→こちらをクリック

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    SP指数作者の馬券戦略最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・競輪)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス