文字サイズ

チャンスザローゼスは26日の阪神でデビュー

 「POG2歳馬特選情報」(16日)

 〈栗東〉26日の阪神5R(芝1800メートル)でデビュー予定のチャンスザローゼス(牡、父エピファネイア、中内田)がCWで1週前追い切り。川田を背に6F85秒9-37秒8-10秒9を計時し、「レースに向けて順調な仕上がり。中距離くらいが合いそう」と福永助手。シンドバッド(牡、父ルーラーシップ、寺島)も同レースに今村聖奈で参戦。CWで6F87秒1-39秒4-11秒7をマークし、「だんだん動きは良くなってきた。すごく操縦性のいい馬です」と寺島師。

 ダイワメジャー産駒のキールロワイヤル(牡、斉藤崇)は、団野とのコンビで7月3日の小倉6R(芝1200メートル)か、7月9日の小倉5R(芝1200メートル)でデビュー予定。

 〈美浦〉12日の東京新馬戦で2着に敗れたダノンザタイガー(牡、国枝)は放牧へ。次戦は夏の新潟未勝利戦になる可能性も。

 アルゼンチンG1馬のフィールザレースを母に持つフィールザオーラ(牝、父ブラックタイド、武井)は、7月9日の福島5R(芝1800メートル)でデビュー予定。「気性が前向きで、追い切りに騎乗した三浦騎手の評価も高い」と武井師。僚馬で、米国産のアンクルモー産駒サイブレーカー(牡)は7月10日の福島5R(芝2000メートル)が初陣の予定。「乗っている助手の評価がメチャクチャ高い」と、こちらも高い素質を秘めている。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

POG特選情報最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス