文字サイズ

【地方競馬】ジャスティンが東京盃V 菜七子騎乗のコパノキッキングは3着

完勝で東京盃を制したジャスティン(左)=撮影・持木克友
追いあげるブルドッグボス(中央)とコパノキッキング(右)を振り切るジャスティン(左)=大井競馬場(撮影・持木克友)
東京盃を制したジャスティンと関係者
3枚

 「東京盃・Jpn2」(7日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、ジャスティンが春秋のスプリント重賞連覇でJBCへ名乗りを上げた。1番人気に支持された快速4歳馬が、道中3番手追走から直線で楽に抜け出した。7番人気の古豪ブルドッグボスが2着に追い上げ、藤田菜七子騎乗で3番人気のコパノキッキングが外から3着に食い込んだ。なお、優勝馬は「第20回JBCスプリント・Jpn1」(11月3日、大井)の優先出走権を獲得した。

 春の東京スプリントを逃げ切ったジャスティンが、今度は好位追走から抜け出す正攻法で重賞2勝目を飾った。

 主戦の坂井瑠が騎乗停止中のため、今回は大井を知り尽くす戸崎が手綱。味のある競馬っぷりに、管理する矢作師は「ジョッキーがうまかった。さすが大井の戸崎君。スタートが今一つだったけど、うまくさばいてくれた」と、かつての大井リーディング常連を絶賛した。

 その戸崎はレースを振り返って「先に行く馬だけど、速い馬がたくさんいるので、一番いい形で運べた。先頭に立っても遊んでいて、後ろから来たらまた反応した」と、頼もしげに初めての相棒を褒めたたえた。

 次はもちろん、同じ大井1200メートルで開催されるJBCスプリント。「僕の地元(父が元調教師)だけに、何とか獲りたいですね」と、名伯楽の目は早くも来月の大舞台に向いていた。

 一方、昨年に続く連覇を目指した藤田菜七子騎乗のコパノキッキングは、やや出負けして中団からの競馬。それでも最後の直線は外から脚を伸ばして3着に食い込んだ。「ゲートで上に(のび上がるように)出てしまって。それでも、最後これだけ伸びているし、次につながるレースができました」と鞍上は冷静に振り返った。管理する村山師は「次のJBCも菜七子で行きます」と続投を明言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス