文字サイズ

【地方競馬】マドラスチェックがTCK女王盃制覇 5番人気が激闘を制して重賞初V

 「TCK女王盃・Jpn3」(22日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、マドラスチェックが重賞初制覇。5番人気がラスト1Fの壮絶な叩き合いで、2番人気のアンデスクイーンを鼻差で抑えた。3着には3番人気のメモリーコウが粘り、1番人気のファッショニスタは4着に終わった。

 勝負根性を発揮した。マドラスチェックがアンデスクイーンとの激しい追い比べを制して、今年最初のダートグレード競走を勝利した。昨年のビスカリアに続いて連覇した森泰斗は「一瞬でも気を抜いたらやられそう。いいレースだったと思います」と激戦を振り返った。

 レースはクレイジーアクセルがハナへ。サルサディオーネが2番手。マドラスチェックは3番手追走から直線入り口で先行勢をとらえて先頭へ。残り1Fからはアンデスクイーンとマッチレースとなり、最後は鼻差先着した。

 「砂をかぶって本領を発揮できないレースが続いたが、今回は大外枠でチャンスがあるんじゃないかと思っていた」と斎藤誠師。昨年6月の関東オークスで連対するなど、素質は確かなものがある。「4歳ですし、まだ成長する。この馬の時代がくればいいなと思います」と期待を寄せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス