文字サイズ

【地方競馬】ファッショニスタがスパーキングレディーC制覇 直線一気で重賞初勝利

スパーキングレディーカップを制したファッショニスタ=撮影・持木克友
3枚

 「スパーキングレディーカップ・Jpn3」(4日、川崎)

 開催3日目の11Rで行われ、1番人気のファッショニスタが受賞初制覇を果たした。道中2番手追走から直線で一気に抜け出した。逃げた6番人気のサルサディオーネが4馬身差の2着に粘り、11番人気で南関東のローレライが中団から内を突いて3着に追い込んだ。

 ファッショニスタはスタートを決めると2番手につけた。道中はスムーズに追走。直線半ばで逃げ込みを図るサルサディオーネをかわすと、一気に突き放して4馬身差でフィニッシュした。

 手綱を取った川田は「ゲートを上手に出て、二の脚もついて、想像していた以上にいいリズムで1コーナーに入ることができた。人気に応えることができてホッとしています」と冷静にレースを振り返った。

 今回の勝利で重賞ウイナーの仲間入りを果たした。「小回りを心配してましたが、ジョッキーに聞いたら“うまかった”と、それを聞いてJBC(11月4日・浦和)のチャンスが出てきたかなと。今後は一息入れるつもり」と安田隆師。雄大な馬体には大きな可能性が詰まっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      注目レースプレイバック最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス