文字サイズ

【4日・園田11R 近江しゃも特別】自己条件でオータムヘイローが久々の勝機

 園田競馬
1枚拡大

 オータムヘイローは勝ち星から6戦遠ざかっているものの、近3走は重賞戦で強豪相手に4着以内と健闘を重ねている。前走も地方交流重賞戦の楠賞で1分29秒2と好時計で走破して地元馬では最先着。着実な地力強化もうかがえ、まだ今後の成長も間違いないところ。自己条件に戻れば古馬相手でも勝機をつかめる。

 エイシンエールは前走、デビューからの連勝記録が6でストップしたが、初重賞挑戦で展開も厳しかった。その後、立て直しが図られて、直前の能検では軽々1位入線と好仕上がりをアピール。A1級入りを臨める素質馬。久々でも好勝負に持ち込む。ブキスはJRAからの転入2戦をB1級で②①着。距離延長は問題なさそうだが、斤量増が鍵となる。カネトシバリアントも行き切れれば怖い存在だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    今週の注目レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス