文字サイズ

【玉野競輪】元巨人軍でプロ野球マニアに知られる宮崎一彰 今場所も初日から鋭脚発揮だ

 「ミッドナイト競輪・F2」(30日、玉野)

 宮崎一彰(45)=高知・99期・A1=といえば、プロ野球マニアに知られる存在。明徳義塾高、法政大、いすゞ自動車と進み、アメリカの独立リーグへ。1999年のドラフト会議で巨人に指名されて入団。西武に移籍後に戦力外通告を受け、四国アイランドリーグへ。その後、競輪選手を志し、2009年に日本競輪学校(現・日本競輪選手養成所)へ。卒業後の11年1月に競輪選手としてデビューした。

 野球選手としては、内外野の全ポジションをこなせるユーティリティープレーヤーだった。競輪選手に転向後は先行、まくり主体の自力型だったが、現在は自力だけでなく、マークもこなす自在型。野球時代と同じでユーティリティープレーヤーと化している。

 2018年にはチャレンジステージ(A級3班)に降格も経験したが、今期(1~6月)はA級1班に昇格。来期(7~12月)もA級1班を維持できた。最近5場所(補充出走を含む)はいずれも1着をゲットできており、状態に関して問題はない。今場所の初日は2Rに登場。清水一幸(徳島)マークから鋭脚を繰り出し、幸先よく1着スタートを飾るとみた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    玉野ミッドナイト競輪特集最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ミッドナイト競輪)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス