文字サイズ

【向日町G3】2日目こそ1着奪取をもくろむ取鳥雄吾「調子はいい」と気合を入れ直す

 「平安賞・G3」(4日、向日町)

 感触上々の取鳥雄吾(25)=岡山・107期・S1=が2日目こそ1着をゲットする。初日は2Rに登場。抑え先行でペースに入れたが、最終2角過ぎで番手を固めていた橋本強(愛媛)が、巻き返してきた佐藤博紀(岩手)を大きくけん制してもつれる。佐藤の後位だった竹内智彦が俊敏に取鳥後位にハマり、ゴールまで踏み切った取鳥は、竹内にかわされて2着。「後ろが引っかかっているのは見えていた。誰か来るとは思ったけど、最後は合わせ切れなかった」と2着にも悔しそうな表情を見せた。

 2場所前のG1・オールスター(名古屋)では1次予選で敗退も、3走目に2着、4走目に1着と敗者戦では結果を残し「前は脚がなくて自信だけだったけど、最近は脚がついてきた」と脚力アップを実感。「調子はいいので、2日目こそ1着を」と気合を入れ直す。2日目4Rは初日特選組の鈴木裕(千葉)が強敵だが、積極的な組み立てで別線完封を狙う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    G3・平安賞(向日町競輪)最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス