文字サイズ

【競輪】売上げ伸びず…4日制G1最低

 右手を挙げ声援に応える園田
1枚拡大

 「寛仁親王牌・G1」(20日、弥彦)

 園田匠(33)=福岡・87期・S1=が直線一気に踏み込んでG1初優勝。優勝賞金2890万円(副賞含む)とKEIRINグランプリ2015(12月30日・京王閣)の出場権を獲得した。逃げた脇本雄太の後位を奪って伸びた武田豊樹-神山雄一郎が2、3着に入った。3連単21万2050円はG1決勝では史上最高配当となった。

 寛仁親王牌の総売り上げは目標の100億円には届かず92億763万9900円。昨年に宇都宮で開催された高松宮記念杯の92億4254万4500円を下回り、4日制以上のG1史上では最低売上額となった。弥彦での開催自体に影響はなかったが、初日の17日に台風11号が四国、近畿に上陸したことが場外発売に影響した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス