文字サイズ

【安田記念馬体診断】ダノンキングリー

 「安田記念・G1」(7日・東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の竹原伸介(栗東)、佐野裕樹(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ダノンキングリー 評価A】

 張り詰めていた大阪杯と比べると若干余裕はあるが、もう1本追えること、汗をかきやすい時季を迎えたことなどを考えれば、これくらいがベストか。1週前はビシッと追っており、出来自体には何も不安はない。柔らかい筋肉をまとい、牝馬のような切れを感じさせる雰囲気。ピカピカの毛ヅヤも目下の体調の良さを表しており、締まった表情もスイッチが入った証拠だ。

 (馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒6-39秒1-12秒1(一杯)。あり余るスピードを抑え切れず、1Fに入る前に早くも相手をとらえて抜け出した。相手を待ってからの追いだしだったため、最後は並んだが、切れのあるフットワークは好調時のまさにそれ。毛ヅヤもピカピカで、出来の良さがヒシヒシと伝わってくる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス