文字サイズ

【日本ダービー馬体診断】ヴァルコス

 「日本ダービー・G1」(31日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の吉田順一(栗東)、石堂道生(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ヴァルコス 評価C】

 ノヴェリスト産駒らしく脚長+胴長のシルエット。立ち爪+つなぎの短さやクッション性から、直線の長い舞台でしぶとく脚が使えるタイプだ。キ甲(※1)が抜けて完成度は高そうだが、まだ骨格に見合った筋肉が身に付いていない。もう少し全体的に厚みが出てきてほしいところだ。再度の関東遠征になるが、友道厩舎らしくしっかりと負荷のかかった攻めができている点はプラス材料。ただ、青葉賞は好時計の2着だったが、現時点の馬体面からすれば状態を維持するのは容易ではない印象。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉荻野琢(レースは三浦)を背に栗東CWで6F81秒6-37秒7-12秒4(一杯)。エカテリンブルク(3歳1勝クラス)を0秒7追走して0秒2先着、アドマイヤミモザ(3歳未勝利)を1秒1追走して併入した。2週連続で6Fから意欲的に追われており、前走の反動は全く感じられない。

 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス