文字サイズ

【競輪】西武園で15日からG3ゴールド・ウイング賞 売り上げ目標は60億円

 ゴールド・ウイング賞をPRする近藤みやびさん(撮影・棚橋慶太)
 ゴールド・ウイング賞をPRする近藤みやびさん(撮影・棚橋慶太)
 ゴールド・ウイング賞をPRする近藤みやびさん(撮影・棚橋慶太)
3枚

 西武園競輪の開設71周年記念「G3 ゴールド・ウイング賞」が15~18日まで埼玉県の西武園競輪で開催される。このPRのため、埼玉県県営競技事務所の渡邉和貴所長ら関係者が7日、大宮・西武園競輪アンバサダーの近藤みやびさんを伴い、東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

 1月の大宮記念を制した地元・平原康多(埼玉)が主役。S級S班は、昨年のグランプリを制した和田健太郎に守沢太志も出場。地元勢は森田優弥、黒沢征治、植原琢也が平原と共に迎え撃つ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各日来場者は2000人に限定。渡邉和貴所長は「緊急事態宣言が明けて初めての西武園開催。ファンの皆さまには、中止になった昨年の分まで楽しんでいただきたい。売り上げ目標は60億円に設定している」と大会の成功を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス