文字サイズ

ジャングルポケットが死ぬ

2001年日本ダービーを制したジャングルポケット(右)
2001年日本ダービーを制したジャングルポケット
2001年日本ダービーを制したジャングルポケット
3枚

 2001年の日本ダービーとジャパンCを制したジャングルポケットが2日、けい養先の北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死んだ。23歳だった。

 同馬は栗東・渡辺栄厩舎から2000年9月にデビューし、翌01年のダービーでは1番人気に支持され、クロフネなどを破って栄冠を手にした。さらに秋のジャパンCでは、テイエムオペラオーを撃破した。02年有馬記念を最後に、通算13戦5勝(うち重賞4勝)で現役引退。種牡馬としてはトーセンジョーダン(11年天皇賞・秋)、オウケンブルースリ(08年菊花賞)ジャガーメイル(10年天皇賞・春)などのG1馬を送り出した。

 (株)サラブレッドブリーダーズクラブ事務局の遠藤幹氏は「昨年秋から体調を崩して治療にあたっておりましたが、残念ながら力尽き、けさ死亡しました。昨年暮れに種牡馬を引退しましたが、現場スタッフからもかわいがられておりましたので、もう少し長生きして欲しかったというのが、正直な気持ちです。安らかに眠って欲しいと思います」とコメントした。

 ダービーでコンビを組んだ角田晃一調教師は、「ダービーを1番人気で乗ることがなかなかないことだし、しかも勝たせてくれて、すごく思い出深いですね。師匠の渡辺栄先生とダービーを獲れたのが何よりでした。安らかに眠ってほしいです。私自身は、ジャングルポケットのような馬を育てられるようにまた頑張ります」と冥福を祈った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス