文字サイズ

ミシェル 21年のJRA短期免許取得を断念 入国できず期限内での手続き不可能に

 フランスのミカエル・ミシェル騎手(25)が、2021年のJRA短期免許取得を断念したことが5日、分かった。

 同騎手は18年にフランスで女性騎手リーディングを獲得し、昨夏に緩和された短期免許取得の要件をクリア。20年いっぱいまで短期免許を申請する資格を得た。同年末に申請(騎乗開始日は申請から60日が最大)し、21年2、3月の騎乗を目指していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、日本政府が緊急事態宣言を延長。居留資格のない外国人は入国できなくなり、期限内での手続きが不可能になった。

 なお、19、20年は取得要件を満たしていないため、21年は申請できない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス